FC2ブログ

記事一覧

プランク・クラブ参加しませんか?

僕の好きなサイトにYOLO(You Only Live Once)があります。そこに提案してあったのがプランク続けませんか?の記事。いいなぁと思いました。みなさん、6月1日から毎日プランクしましょう。両肘を肩の真下に置いて、頭から踵まで一直線。呼吸を止めないこと。時間は20秒から始めて徐々に自分なりに延ばして30日には5分出来ることを目標に。もちろん自分なりですから出来なくてもいいです。今の僕も1分できついですから(汗)一緒に頑...

続きを読む

股関節に隙間を作る

足を伸ばして座り、そこから足を挙上していきます。より上へと思うとき、膝を曲げて挙げようとします。この時の力の向きは一枚目の写真のように股関節の隙間がなくなる方向になっています。股関節の角度は大きく移動しますので気持ちとしては出来ている(自分は頑張っているっ!)感覚に近いですが、実際は無駄に力が入り縮こまってしまっています。呼吸も止まりがちです。二枚目の写真は足を伸ばす方向に力を感じながら挙げていま...

続きを読む

脳は自分の都合の良いように解釈してしまう

瞑想のレッスンやワークショップをしていて難しいと感じる理由は、僕が正解を持っていないからです。真理に辿り着くのに終わりはないのです。真理を理解したと思った時には理解していないということになります。それを参加者の皆さんに、特に初心者の方に説明したところでチンプンカンプンなのです。何やらよくわからないし、面白くないからしない、ということになります。でも瞑想ほどいつでもどこでも出来て簡単なものはないです...

続きを読む

MiholysticYoga主催 第4回国際ヨガデー・チャリティ・ヨガ&瞑想

MiholysticYoga主催 第4回国際ヨガデー・チャリティ・ヨガ&瞑想日時  6月17日(日)9時30分~11時10分場所  山内町農業環境改善センター(武雄市山内町)参加費 1000円内容  ヨガ60分 瞑想40分講師  糸数友美(ヨガ担当) MiholysticYoga(峯三保・貝原良太)(瞑想担当)今回は福岡市でご活躍の糸数友美先生をお招きしてヨガを担当していただきます。詳細はFaceBook の MiholysticYoga のイベントでご覧ください。...

続きを読む

草創期の苦労は後から思えば面白い

みなさん、JWIのコラム読んでますか?アップされたばかりのZJ(ズンバ ジャマー)の上間さんのお話しは面白いですよ。ZUMBAのレッスンを始めた時はトレーニングコース(今のB1)での2日間でマスターした4曲を2セット繰り返したそうです。誰もZUMBAを知らなかったのでそれでも誰も問題にしなかった。40人定員のところを50人来て、その人気は落ちなかったそうです。それは上間さんの巧さがあってこそですが、ZUMBAの日本における草...

続きを読む

チヨミ祭り

先週土曜日を皮切りにNEWYOU朝日ではソレンソン・チヨミが登場しています。週末は全国(北は青森から南は熊本まで)ツアーですが、月曜日のNEWYOU朝日の通常レッスンにも登場します。(注意:来週は福岡でイベントのためにチヨミさんは出ません。)月曜日の朝日は通常レッスンのため、kaibo&T-ponも2曲ずつは踊ります。チヨミさん目当てでいらっしゃった常連ではない方に「えー、なんで全部チヨミさんじゃないと!」と言われまし...

続きを読む

妄想と違ったら裏切られたと思う

この人こんな人だろうな、と思っていたら違った、がっかり、ということありますよね。でもそれ、勝手なあなたの思い込みですから。でもほとんどの人は、この人がそのように見せているから悪い、と思います。そーでしょうか。あなたが勝手に妄想して、この人はそんな人、って作り上げたのではないですか?その人は、自分はこんな人だと告白していません。ましてや、その人ですら自分のことはわかっていないことがほとんどです。恋に...

続きを読む

自分が知っていることだけでその人のことを評価しても本当に部分的なところだけでですよ

な~んて題名なんでしょ(笑)でもさ、自分のことに当てはめてみてください。他人の自分の評価なんてその人の知っている私のほんの一部のことですよね。それですべてが決したかのような批判、批評、評価をされてもですよ、そのことに何の意味があるのでしょうか?と僕は思うのです。同じことは他の人にも言えることなので、僕は他の人の批判、批評、評価もしません。いえ、それらしいことは口にすることはあるかもしれませんが、そ...

続きを読む

悟りへと通じるキーワードは

悟りへと通じるキーワードは自由執着しないこと哀れみ慈しみです。苦しみを観るときは、マインドフルネスと集中のエネルギーを生じさせ、周囲の環境に触れるときに、慈しみと哀れみが起きるように自らを促すのです。煩悩のあることを心と体のせいにしてはいけません。理解と愛をもたらすよう務めましょう。この姿勢はとても大切なことです。どういう場面で発揮されるかというと嫌いな人、受け入れられない人と接している時、あるい...

続きを読む

疲れる疲れないの違いはどこに原因があるのか

同じことをしていて疲れる人と疲れない人どこに違いがあるのでしょうか疲れた人は何らかの身体の症状(頭痛、肩こりなど)や精神疲労を訴えます。ついつい力が入っているのですね。なぜ、力が入るかというと緊張するからです。緊張すると筋肉が縮み固くなる。つまりは縛られたようにガチガチになってしまうのです。疲れない人にはそれはありません。つまり力が入らず自由なんです。疲れる人から見れば疲れない人の理由がわからない...

続きを読む

プロフィール

kaiboryotan

Author:kaiboryotan
かいぼーです!巷ではDr.カイボーとも呼ばれていますが、内科医で瞑想家、フィットネスインストラクターです。フィットネスとは健康のための運動のことです。「フィットネスで人生を変える」をモットーによりみなさんが健康になるためにお役に立てるお話しができればと思っています。またJWI(Japan Wellness Innovation)では「医学と健康」認定講師およびマインドウェルネス瞑想指導者です。よろしくお願いします。

最新コメント

カテゴリ