FC2ブログ

記事一覧

社会保障の将来を見据えた制度設計

昨日の佐賀県医師会の総会で福岡資麿参議院議員の講演がありました。福岡先生は自民党の中でも要職につかれていて、社会保障については「今をどうする」ということだけでなく「今後どうする」ということについても話し合い、道筋をつける仕事をされています。福岡先生のお話しはいつ聞いても理路整然と、現実と将来への道筋の見える内容です。拝聴する側も要点整理ができてスッキリです。かいぼーの個人的な意見も先生に聞いていた...

続きを読む

自助と公助のバランス

昨日は佐賀県医師会総会で参議院議員の山下雄平先生の講演がありました。6月初めに金融庁から出された報告書の¨老後の生活に年金生活だけでは2000万円不足する¨という内容に対しての客観的しかし熱い解説がなされました。山下先生の説明にかいぼーの個人的な解釈を乗せてこのことについてお話しします。そもそもが年金だけで生活が成り立つように制度設計はされていないのです。現役時代の半額程度を公的年金でカバーしましょうと...

続きを読む

内科医かいぼーが臨床の場で指導するレジスタンス運動実例サンプル3種

生活習慣病の人にFIB-4 index を示していますが、2前後のひとが多いです。そこでレジスタンス運動をしてから歩く、その際も速足と普通の歩きのインターバルを指導しています。で、レジスタンス運動は僕が実際にしてみせます。一番上は壁によりかかっての椅子のポーズ。足は腰幅で、膝の角度は可能であれば90度まで。無理なら浅くてもかまいません。膝の真下に踵が来るように。背中はまっすぐに壁につけて、背中で壁をしっかり押し...

続きを読む

FIB-4 index で肝臓の繊維化を評価する

今週のかいぼーは勉強週間でした月曜日に続いて昨日も和多屋別荘「コットンクラブ」で「糖尿病治療とNASH・SVR後肝がん」についての研修会演者は久留米大学医学部内科学講座消化器内科部門の川口巧先生。非B非C肝がん発症のメカニズム生活習慣(飲食や運動)とのエビデンス臨床で診るポイントなど幅広く教えていただきました。特に印象に残ったのは 「FIB-4 index で肝臓の繊維化を評価する」ということです。FIB-4 index は陰性...

続きを読む

昨日の産業医研修会で思ったこと(企業の健康経営の取り組みとしてのマインドフルネス)

昨日は「ストレスチェックの面接指導方法について」を彌富美奈子先生(SUMCO健康管理センター)から教わりました。講義の中で自律訓練法や行動認知療法のお話なども少しありました。講演後に彌富先生と少しお話しをしました。彌富先生によれば「都市部ではマインドフルネスの勉強会も熱心に開催され、企業としての取り組みもありますが、佐賀県内ではありませんね。」とのこと。ストレスを減らす、あるいは職員がより自分らしく生...

続きを読む

早いね。もう買ったんだ。さすが。

昨夜の産業医研修会。会場に早く着いたので果糖中毒を読んでいたら、後ろの席に座った先生から演題のように言われました。確かにね。今週月曜日の勉強会で講師の先生が紹介した本をもう手に入れて読んでいるんですものね(笑)この果糖中毒。読みやすくて良い本ですよ。一切の利益相反はないと著者は述べていますし、またすべてが科学的データに基づいて書かれています。19億人が太り過ぎの世界はどのように生まれたのか?なぜ人類...

続きを読む

自由意思

自由意思とは「外部の状況や必要性によって制限されることなく自由な選択を行う力」とあります。誰が選択するのでしょうか?もちろん自分です。でも自分には魂に近い自分から利己的な欲深い魂からもっとも離れた心まで様々です。ですから自分が選択するといっても、その時々でその選択は色々。魂に近い意思で選択すると、それは宇宙の意思と近いものということになります。自分の自由意思による選択が宇宙の意思と同じになるとき、...

続きを読む

どこまでも細分化していくと

視覚を通して私たちは全情報の70%ほどを得ています。見えている世界で物事を判断しているのです。しかし、それらは本当は粒子で出来ています。細かく見れば原子や分子、さらに原子核、電子やクォークやレプトンという素粒子など。そしてそこでは私たちが日常で見る現象とはかなり違う運動が行われています。そして私たちはそんなに細かく、しかもものすごく動きのある世界は見えませんし、感じることは出来ません。視覚に頼った私...

続きを読む

考える力より感じる力の方が信頼できる

五感を使って考えることと五感を使って感じることについて述べてみます。五感を使って考えるとは視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚から得られた情報をもとに思考するということですこの時の五感は自分のすでに知っているものに例えて感じていますので、五感の感度に限界があります。またそもそも五感で得られる情報そのものにも限界があります。例えば視覚。目に見えるものしか見えません。凄く小さいもの、例えば分子レベルでは見えま...

続きを読む

水の循環

雨が降りだしましたね。雲から水が落ちてきます。水は循環しています。地球では海洋水が水全体の97%。他は河川水、地下水、雨、雪、氷、水蒸気、また生き物や生き物ではないものの組成などとして存在しています。私たちの体の組成となっている水はいつかは他の形での水でありました。水に限らず他のものも循環しています。すべては繋がっています。そして常に変化しています。何ものにもしがみつくことは意味のないことです。永久...

続きを読む

プロフィール

kaiboryotan

Author:kaiboryotan
かいぼーです!巷ではDr.カイボーとも呼ばれていますが、内科医で瞑想家、フィットネスインストラクターです。フィットネスとは健康のための運動のことです。「フィットネスで人生を変える」をモットーによりみなさんが健康になるためにお役に立てるお話しができればと思っています。またJWI(Japan Wellness Innovation)では「医学と健康」認定講師およびマインドウェルネス瞑想指導者です。よろしくお願いします。

最新コメント

カテゴリ