記事一覧

信じることにブレなかった庄松(しょうま)さん

12507510_997150790350154_6357040497981649315_n.jpg

禅を世界に紹介した鈴木大拙さんが仏教を信心することにおいて功績のあった人として挙げた人物の一人が庄松(しょうま)さん
著名な高僧ばかりの中にただひとり読み書きもできなかった信者である庄松さんの名前がなぜあるのでしょうか?
鈴木大拙さんはなぜ彼をそれほどまでに高く評価したのかと言うと
例えばこのようなことがあったそうです。
当時彼のお寺で、彼が大変可愛がられていることを妬んだひとが読み書きができない庄松さんに
「おい庄松。この経典にはどんなことが書いてあるんだい?」と質問したところ
「庄松の望みを叶えてあげる。庄松が困ったときには助けるぞ。」と書いてある、と答え、質問した人は二の句が継げなかった、ということです。
信じることのすごさを見せてくれた庄松さんの生き方は後世にも語り継がれ、また鈴木大拙さんにも評価され、世界に伝えられています。
スポンサーサイト

プロフィール

kaiboryotan

Author:kaiboryotan
かいぼーです!巷ではDr.カイボーとも呼ばれていますが、内科医でフィットネスインストラクターです。フィットネスとは健康のための運動のことです。「フィットネスで人生を変える」をモットーによりみなさんが健康になるためにお役に立てるお話しができればと思っています。よろしくお願いします。

最新コメント

カテゴリ