記事一覧

「出来た!」と感じた瞬間の喜びを咄嗟に手放す

19366198_1437746399623922_8860477409349339642_n.jpg

毎朝の太陽礼拝 A5回とB3回
毎日続けています。
同じことを繰り返していますが、毎日、そして毎回新鮮に出来ていることをありがたく思います。
そしてそれなりに新しい発見があり、それなりに上手に(?)なっているように感じます。
上手になるというのは決して太陽礼拝そのものが上手になっているのではなくて、それを行うことを通しての感じ方が上手になっているのかなと感じます。
とはいえそう感じた瞬間に、その喜びを手放すことが大切だと今日思いました。
その理由とは?

最近僕がハマっているのはジャンプバック、ジャンプフォワードです。
ジャンプバックは時々「あれ?今のよかったんじゃない?」と思えることがあるのです。
その瞬間が課題だと気づきました。
出来たら嬉しいのですが、その喜びに執着してしまって、次のジャンプバックの出番が来るまでジャンプバックのことばかり考えてしまいます。途中のアーサナはないがしろ。心が今に集中できていません。
出来なかったことが出来たら嬉しいことです。
そしてそのことを「自分のものにしておきたい」という欲求から執着してしまいます。
そうではなくて、「今、この瞬間に上手に出来た!」と瞬間に喜んで、次の瞬間には手放しておかなければなりません。なぜなら次のアーサナへと時は移っているからです。
その瞬間が喜びであり、その瞬間瞬間のつながりで喜びの連続となるように努めるのが良いのです。
その瞬間の感情、ある特定のことに執着しないこと。
このことの大切さに今日の太陽礼拝は気づかせてくれました。
今日も感謝の一日にしましょう☆
スポンサーサイト

プロフィール

kaiboryotan

Author:kaiboryotan
かいぼーです!巷ではDr.カイボーとも呼ばれていますが、内科医でフィットネスインストラクターです。フィットネスとは健康のための運動のことです。「フィットネスで人生を変える」をモットーによりみなさんが健康になるためにお役に立てるお話しができればと思っています。よろしくお願いします。

最新コメント

カテゴリ