記事一覧

無執着に至る確実な道は執着を観察して理解すること

16359095_711532792353078_1698026468_n.jpg

無執着?
何言ってるの?
そう感じられる方も多いと思います。

執着しない世界のどこが楽しいの?
何も欲しがらないって、それを目指してどうするの?

僕の答えは
本当のことを感じたい
その一点です。

そうなれるかどうかはわかりません。
一瞬なら何度かなれるかもしれません。
何度かはこれまでにもなったかもしれません。

そうなる瞬間、そうなる頻度をもっと上げたいと思います。
そう思うことも執着でしょう。
そこに固執してはいけません。

それは心が自由と安らぎの喜びを感じる場所です。

最後にクリアしなければならない壁は、あらゆる物事に対して「私はこういう人だ」「私にはすべてのものがある」などと「私」とか「私のもの」として執着することです。

私でもあなたでもその他の誰かでも何でもない。まさしく「無」になる瞬間です。

瞑想とは呼吸に意識を向け、自分のことを観察し、そして執着しているもの(いわゆる欲)から解放されていくことから始まります。
そして最後は自分そのものから解放される。
それがどういうことなのか。

瞑想の道は続きます。
スポンサーサイト

プロフィール

kaiboryotan

Author:kaiboryotan
かいぼーです!巷ではDr.カイボーとも呼ばれていますが、内科医でフィットネスインストラクターです。フィットネスとは健康のための運動のことです。「フィットネスで人生を変える」をモットーによりみなさんが健康になるためにお役に立てるお話しができればと思っています。よろしくお願いします。

最新コメント

カテゴリ