記事一覧

診療の現場で癒しの言葉をもっと重視すること

18342277_1396321517099744_5911288513875451499_n.jpg

ついつい忙しいと型通りの診察をして所見を述べて終わりということになりがちです。
こちらとしては患者さんが多くて忙しくても、患者さんはおひとりおひとりが自分を診てもらいたいとの切なる気持ちを持って来院されています。
先日、大きな病院でご家族のひとりが癌を告知された患者さんが私に診察時におっしゃいました。
「先生方は淡々と本人にも私たちにも告知されるんです。余命についても。こちらは慌ててしまってどう理解していいものやら。でも先生はそういうのお構いなしなんですね。その後すごく落ち込んでしまって。」
以前は癌を、特に本人に告知するかどうかはすごく迷ったものです。
でも今は、医療情報は重大な個人情報という取り扱いですから、告知することが一般的です。

告知することが当たり前になる。
当たり前になると、特に癌患者さんが多い大きな病院では、毎日のように告知をしていて、業務として告知馴れしてしまうということもあるかもしれません。
医師にとっては大勢の患者さんの中の一人で、しかも何度も行っている告知でも、患者さんにとっては初めての自分あるいは家族に対する告知のことも多いのです。

とは言え告知はしなければなりません。
その際に癒しの言葉をちゃんとかけてあげましょう。
癌の患者さんに限りません。
どのような病気であっても患者さんにとっては深刻な話です。
癒しの言葉かけひとつで、その方が癒され、また前向きになることで、見込みと違って大きく病状が改善する、あるいは不治と思われていたものが治るということもあるのです。

診療の現場だけではなく、日常の生活においても癒しの言葉かけは大事です。
周囲の方の心に寄り添ってみなさんが言葉かけをしていただければ世の中はもっと平和になります。健康になります。
今から癒しを意識した言葉かけをしましょう。
スポンサーサイト

プロフィール

kaiboryotan

Author:kaiboryotan
かいぼーです!巷ではDr.カイボーとも呼ばれていますが、内科医でフィットネスインストラクターです。フィットネスとは健康のための運動のことです。「フィットネスで人生を変える」をモットーによりみなさんが健康になるためにお役に立てるお話しができればと思っています。よろしくお願いします。

最新コメント

カテゴリ