FC2ブログ

記事一覧

感覚と思考と情動を区別できすか?

①今朝、起床時から僕は頭痛がしてます。
②そして日常のすることがスタートします。

僕にとっては当たり前のことですが、普通の人にとっては当たり前ではないのかな?ということに気づきました。

僕は①と②は別のことです。ですから①がある。②をする。とすんなりとなりますが

ひとによっては
①がある。「困ったな。頭痛【感覚】がする。どうしよう。今日はあれしてこれして忙しいのに頭痛が続いたら、ましてやひどくなったら嫌だな。」などの【思考】、そして頭痛に伴う不安、悲しみなどの【情動】が生じることで②にすんなりとは移行できず、また次の行動から以降も①の思考や情動を引きづるということがあるかもしれません。

脳に感覚が届くと、瞬時に思考や情動と連結します。ですから感覚と思考と情動はひとつの塊と思われるかもしれません。
でもその時の気分によって同じ感覚でも思考や情動は変わってきます。一定ではないのです。

そのように細かいことだけれど、でも実は自分が自分らしく生きるために大事な¨気づき¨の練習を日々の瞑想でしています。
そうすることで①と②は別ものという脳の流れが自然とできるようになります。
そうすることで①はいつの間にか消失していることがほとんどでしょうし、しかし時間が経過しても①が存在する場合は、そのときの気づきで精査するために医療機関に行くか、あるいはお薬で一度症状を軽くすることで様子をみるかなどの安全で正しい判断ができるようになります。

フィットネスインストラクターさんは安全で正しいフィットネスをモットーに指導しますが、私たちMiholysticYogaでは安全で正しい自分らしい生き方を気づいてもらえるよう(その生き方はそのひとそれぞれで違うので私たちがどうこう言えるものではありません)、そのための瞑想指導をしていきます。

8月19日のマインドウェルネス瞑想のワークショップは思考系です。
一昨日の身体系の受講者さんのエネルギーがあまりにも素晴らしくて、まだその余韻が僕の中に共感共鳴の波動を起こし続けています。
素敵な時間をまた過ごせることは幸せです。身体系に参加できなかった方々もお待ちしていますよ。
JWIのHPからぜひお申し込みください。待ってます☆
スポンサーサイト

プロフィール

kaiboryotan

Author:kaiboryotan
かいぼーです!巷ではDr.カイボーとも呼ばれていますが、内科医で瞑想家、フィットネスインストラクターです。フィットネスとは健康のための運動のことです。「フィットネスで人生を変える」をモットーによりみなさんが健康になるためにお役に立てるお話しができればと思っています。またJWI(Japan Wellness Innovation)では「医学と健康」認定講師およびマインドウェルネス瞑想指導者です。よろしくお願いします。

最新コメント

カテゴリ