FC2ブログ

記事一覧

頑張り過ぎて走り続けると どうなってもいいんだよ ってなった

お腹が痛い 口の中が痛い 母の状態が悪い 日常生活でショックなことがあった こどもに大変なことがあり、自分のことまで迷惑かけられない 寝る時間がない しんどい この状態は数年続いている 走り続けている いつか倒れてしまえばいいと思う そしたら何も出来なくなったら何もしなくていい いや、そんなわけにはいかない 体の調子がとにかく悪い 先生、どうにかならない?

自分はどうなってもいいと言いながら どうにかしてほしいと訴える
誰にもこのことは言えないと涙を流す
僕が聞いてあげるからと言うと涙を流す
でも話にまとまりがない
それでも話を聞いていると 落ち着いた声のトーンと呼吸もゆっくりになってくる
こんなに話を聞いてもらえたのは最近なかったと
聞いてもらえたというよりも そのひとが周りに話そうとしなかったのだ
聞いてもらえないと思っていたから
もっと言えば自分自身ですら自分の声を聞いていなかったから

僕はそのような人の話をきくときは 本来のその人の立場で聞きます
ですから割とオウム返しです
オウム返しでも 丁寧に共感しながら 聞きます

思いと情動で走り続けると身体の感覚が悲鳴をあげます
これはひとつの危機管理能力です
もうこれ以上走ってくれるなと
身体が壊れるぞと
命がなくなるぞと

命がなくなってもいいと心は考えています
走り続ける心は身体のことを思いやってはくれません
その心の走りを止めましょう
止まりましょう
静かな時の流れを忘れているその心に思い出させましょう
静かで穏やかな時空の流れを感じたら
本来の穏やかなあなたが微笑みます





 
スポンサーサイト

プロフィール

kaiboryotan

Author:kaiboryotan
かいぼーです!巷ではDr.カイボーとも呼ばれていますが、内科医で瞑想家、フィットネスインストラクターです。フィットネスとは健康のための運動のことです。「フィットネスで人生を変える」をモットーによりみなさんが健康になるためにお役に立てるお話しができればと思っています。またJWI(Japan Wellness Innovation)では「医学と健康」認定講師およびマインドウェルネス瞑想指導者です。よろしくお願いします。

最新コメント

カテゴリ