FC2ブログ

記事一覧

同じ嫌なことを何度も経験すると感情が増幅する

患者さんの中には「それはきついでしょうね」と思わず言いたくなるような家庭環境の方がいらっしゃいます。
今日も認知症のお義母さんの面倒を見ていらっしゃる方がニコニコと診察室には入ってこられたものの
話し出すと同時に涙がボロボロとこぼれます。
「ここでしか話せない。」と思いきり愚痴も含めて精一杯吐き出して帰られます。
そういう思いをしながら日々過ごしている自分が情けないと責められます。
認知症のお義母さんが毎日同じ失敗、あるいは同じ嫌味な発言をされる。
『この人は認知症だからね』と理解はしているものの「またか』という思いがある。

そうなんです。目の前で起こっていることはいつも同じこと。
でも繰り返し行われると『またか』ということで過去の思いもそこに乗っかってきて、イライラモードはだんだんと増幅していきます。
これは思考に過去の記憶に伴う情動が乗っかるので増幅するのです。
思考した瞬間に情動も乗っかりますが、しかし思考と情動は脳の中では別の場所に存在します。

この思考と情動の関係性を薄くしていくことができれば、この方のストレスは少なくなります。

マインドフルネス瞑想は思考と情動の関係性を薄くすることが証明されています。
呼吸に意識を向けるだけのヴィパッサナー瞑想。
ぜひお試しください。
またどうすればいいのかご興味のある方は私の方にお尋ねください。
講演なり、ワークショップなりは私たちMiholysticYogaとの都合が合って、また場所のご提供と人数をある程度集めていただければ開催いたしますよ。詳細な内容を数回に分けたシリーズでの開催も可能です。
スポンサーサイト

プロフィール

kaiboryotan

Author:kaiboryotan
かいぼーです!巷ではDr.カイボーとも呼ばれていますが、内科医で瞑想家、フィットネスインストラクターです。フィットネスとは健康のための運動のことです。「フィットネスで人生を変える」をモットーによりみなさんが健康になるためにお役に立てるお話しができればと思っています。またJWI(Japan Wellness Innovation)では「医学と健康」認定講師およびマインドウェルネス瞑想指導者です。よろしくお願いします。

最新コメント

カテゴリ