FC2ブログ

記事一覧

糖尿病の患者さんに医師として僕が話すこと

毎日たくさんの糖尿病の患者さんがかいぼー医院に来院されます。
食事指導や運動指導など事細かにしている時間はないので、ひとつだけアドバイスしています。
それは『意識して動く』こと。

無意識に動くということはエネルギー効率を上げます。
生き物は基本、エネルギーを有効に使おうと進化してきました。
自然界で生き物にとってエネルギー源となる食料は普通、潤沢にありませんから。

しかし生活習慣病が蔓延している国には潤沢な食糧があり、また体を酷使しなくても良い便利な道具があります。
かつ、この異常気象(酷暑)の中、運動しなさいとは指導できません。

そこで僕はこう説明します。
屋内の生活でエネルギーを消費するためには、エネルギー効率悪く生活しましょう、と。
ということで僕が医師として患者さんに推奨していることは『いちいち意識して、どこの筋肉が使われていると感じながら動いてください』です。
みなさんもぜひ。
実はこれ、動く瞑想に繋がっていきます。

※私たちMiholysticYogaによる瞑想&ヨガのワークショップがFBのMiholysticYogaのイベントに立ちあがっています。
瞑想にご興味のある方はご覧になり、また興味のある方は『興味あり』あるいは『参加』に印をお願いします。
スポンサーサイト

プロフィール

kaiboryotan

Author:kaiboryotan
かいぼーです!巷ではDr.カイボーとも呼ばれていますが、内科医で瞑想家、フィットネスインストラクターです。フィットネスとは健康のための運動のことです。「フィットネスで人生を変える」をモットーによりみなさんが健康になるためにお役に立てるお話しができればと思っています。またJWI(Japan Wellness Innovation)では「医学と健康」認定講師およびマインドウェルネス瞑想指導者です。よろしくお願いします。

最新コメント

カテゴリ