FC2ブログ

記事一覧

第2の人生の勧め(人生100年時代)

ひと昔前までの一般的な人生設計は60歳定年、その後は余生。身心ともに弱っていくので、それ以降は社会保障のお世話になって生きる。
しかし今は男女ともに平均寿命は80歳を超え、元気な高齢者も多い。
60歳過ぎても、まだ元気な人生が20年くらいある。
どうやって過ごそうか?
新しいことを始めるか?
それならば60歳からというよりはその準備も兼ねれば40歳代後半から50歳代ですでに第2の人生に対する準備あるいは助走を始める。
そんな生き方が推奨されてきていますし、僕もそう思いますし、そうします。
最初に選んだ仕事はまだ人生経験もなく、なんとなく選んだものだったかもしれない。あるいはしたいことが変わってくることもあるでしょう。
そうやって過ごして一人前になって、精神的にも成熟したところで新しい自分本来のことへと進んでいく。
そういう人生設計がこれからの人生100年時代には求められます。
「もう年やっけん新しいチャレンジはしない」はもったいない。
何歳からでも行きたい、行くべきと感じれば新しい進路へいくのが良いのです。
そのことに気づくには私たちが提供しているマインドフルネス瞑想は良い手段です。
直近のワークショップはいつですか?と時々尋ねられます。
東京では明日開催ですが、近場では現在のところ9月23日(まだ情報がオープンにできません。お待ちくださいね。)と24日長崎県佐世保市世知原でのワークショップ(詳細はFBのMiholysticYogaのイベントをご覧ください)です。あるいは峯さんのヨガのレッスンPRANA(毎週火曜日と第2、第4土曜日)を受けられるのも良いでしょう。
スポンサーサイト

プロフィール

kaiboryotan

Author:kaiboryotan
かいぼーです!巷ではDr.カイボーとも呼ばれていますが、内科医で瞑想家、フィットネスインストラクターです。フィットネスとは健康のための運動のことです。「フィットネスで人生を変える」をモットーによりみなさんが健康になるためにお役に立てるお話しができればと思っています。またJWI(Japan Wellness Innovation)では「医学と健康」認定講師およびマインドウェルネス瞑想指導者です。よろしくお願いします。

最新コメント

カテゴリ